長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

金山(239m)

 
 ←蓬峠・茂倉岳 →県連山スキー 浅草岳(1585.5m)
(山行日) 2018年3月18日(日)
(メンバー) 会員2名 他1名
(コースタイム) 
長岡 5:30==(太田桐生IC)==大光院p8:30
大光院p 8:45――西城址10:00――山頂11:10~12:00――大光院p 13:00
==(赤城IC)== 長岡20:30

・金山は群馬県太田市にある低山で、山渓の本には「山全体が国内最大級の戦国山城」(国指定)であり、「誰でもが楽しめるハイキングコース」とある。
・コースはたくさんあるが、最も遠い大光院(貧しい子を養育した寺)を出発し、西城址を通って金山城址・新田神社のある山頂へ。帰路は別道を通って金龍寺(金山城主の菩提寺)を回って帰るコースを選んだ。
・大光院の登山口は標識がないので、地元の人に聞いて、回廊の下をくぐって緩やかなハイキングコースを歩き出す。青紫のスミレや白いアセビの花が満開である。所々にベンチがあり、多くの人たちが歩いている。西城址近くには駐車場があり、車を降りて山頂を目指す人もいる。
・ここから山城らしい様子。物見台や城址の石垣、馬場跡などを見ながらゆっくり歩く。タンポポやツバキの花、青白いオオイヌノフグリやホトケノザ、スイセンなどもある。
・山頂近くになると、石造りの「月の池」「日の池」や「大手虎口」と言われる本丸入口の石垣、樹齢800年の大ケヤキ。そして、山頂には新田神社など等。
・展望はよいが、あいにく霞がかかり、わずかに見えるはずの富士山は見えなかった。
・多くの人たちが休憩所や広場で談笑しながら憩っている。私たちも休憩所の中で、地元の山好きのおばさんと話しながら昼食。(見物の推奨箇所を聞く)
・帰路は、花を見たり、木々の芽吹きを眺めたりしながら、紅梅白梅の咲く金龍寺を通って、登山口に到着。暖かな日和だったが汗もかかずにゆっくりとした山歩きだった。
・その後、近くにある「親水公園」にあるミズバショウを見て、藤や桜で有名な「反町薬師様」(反町館跡)を見物、奇樹・巨樹にびっくり。前橋市の赤城近くの「あいのやまの湯」(シルバー料金 300円)で入浴して帰路に着く。

ゆるやかなハイキングコースを行く
ゆるやかなハイキングコースを行く

「大手虎口」山頂部本丸入口の石垣
「大手虎口」山頂部本丸入口の石垣

水をたくわえる「日の池」
水をたくわえる「日の池」

山頂にある新田神社
山頂にある新田神社
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【蓬峠・茂倉岳】へ
  • 【県連山スキー 浅草岳(1585.5m)】へ