長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

県連山スキー 浅草岳(1585.5m)

 
 ←金山(239m) →山に春が
(山行日)2018年3月24日(土)~3月25日(日)
(メンバー) 20名
(コースタイム)3/24(土)長岡自宅14:00=石峠経由=登山口 音松荘16:30 泊まり
3/25(日)朝食5:30 出発6:15=大自然館前P(道沿い駐車)6:45-ヤジマナ沢南尾根経由―前岳11:15―11:35頂上11:50-大自然館前P14:20=風呂=自宅17:30

新雪もあり、真冬の頂上でした
行くとき斎藤さんから守門大岳の下山報告があり、道の駅でメールして中に入ると、斎藤さんとばったり。早い下山にびっくり。軽い昼食を食たべて、ゆっくり音松荘に向かう。
宿に着くと、みちくさ山の会の方は近くの黒姫(山はつかない)に行ってこられてシールなど乾かしてあった。また明日も頑張るという。交流会では東京から山スキーネットの方もおられ(黒姫に行かれた。明日帰るとのこと)、お話する。Mさん(みちくさ)から「かじか」を差し入れて下さりお酒と一緒にいただく。ご馳走もあり、お酒も話もすすむ。
朝5:30分早い朝食をいただき出発する。大自然館前道路に駐車。(ここまで除雪してある)
長い列になっている。私はつぼ足で行く(2人でした)。道路沿いに行き白崩沢の橋手前から桜曽根(尾根)を目指して行く。朝は風があり曇っていたがだんだん陽がさしてくる。雪は固く好条件。尾根にたどりつき、頂上が遠くに見える。途中で時間切れになると思って、頂上は絶対無理と思い進む。天気が良く、すばらしい景色を見ながら、歩いたので何とかたどり着けた。昼食後直下で、全員で写真を撮り下山する。稜線はまだ雪は固くスキーは最高のコンデション。尾根を離れるにつれて標高も低くなり柔らかくなる。スキーはトラバースでもよいが、つぼ足は歩きにくいので、行かないようにと思っているが、後を伝ってしまう。急勾配もスノーシュウは歩きにくい。スキーの方は所々で待っていただき、ほぼ一緒に下山することができた。いい天気でよかった。山スキーのコースとしては良いコースでした。

尾根より頂上望む
尾根より頂上望む

鬼ヶ面山の絶壁望む
鬼ヶ面山の絶壁望む

真冬の頂上
真冬の頂上
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【金山(239m)】へ
  • 【山に春が】へ