FC2ブログ

長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

大岳(1432.4m)

 
 ←山に春が →坂戸山(六日町)
(山行日) 2018年3月29日(木)
(メンバー) 会員1名
(コースタイム)
3/29 自宅6:10―7:00二分駐車場7:20・・・8:45長峰9:10・・・9:25保久礼・・・10:10キビタキ10:20・・・11:00不動平・・・11:35山頂12:10・・・12:45保久礼13:10・・・13:40長峰・・・15:00二分駐車場

快適山行・・・しかし・・・??

 好天に誘われ、大岳へ。7時に二分駐車場に着く。すでに車が6台。昨年も今頃来たが、積雪
1mくらいで、昨年よりも少ない感じがする。
真っ青な空に、大岳の白さが際立つ、いい天気だ。シールを付け、7時20分歩き出す。
最初の急登、尾根にとりつく地点、雪面が凍っていてシールがきかないと判断し、スキーを脱いで登る。尾根筋はだいぶ雪が落ちている。やはり少ないのか・・・。しかし、沢筋に入ると、しっかり埋まっている。歩き続けて長峰上部で一休みする。青雲南西稜はかなり雪が落ちている。今年は降雪量が多かったはずだが、このところの好天で雪消えが進んだものと思われる。保久礼を通過し、キビタキで一服する。小屋の三角屋根の頭が覗いている。
 広大なブナ林の中をゆっくり登る。ときおり吹く風が心地よい。穏やかな山行日和だ。ブナ林を過ぎ、不動平の登りあたりで、すでに下りてくる人に出合う。
 山頂に近づくにつれてスキーのトレースが縦横に走り、否が応でも、心が躍る。11:35山頂部の鐘吊りが顔を出しているところに着く。風が強い。10mくらい先に風よけにブロックを積んだところに数人が休んでいる。さらに10mくらい先に人が歩いている。まさに大きな雪庇の上にいることになる。ちょっと不安になったが、人の存在がその不安を消す。風をよけて休憩する。
 下山は30分足らずで保久礼に着く。雪が重く疲れた。シールを付けひと登り。13:40長峰を通過し、しばらくして沢筋へ滑降する。トレースが一本もない。早く降りすぎたかと思いつつ沢を滑る。が、なんだか変だ。どうも風景がおかしい。見慣れたものとは違う。杉林になるはずだが、杉の木が一本も見えない。ルートを間違ったか。地図を出して周りをよく見る。沢一本北に入ったのかもしれない。とにかく尾根に上がることにしようとシールを付け登る。30分ほど登り返すと見慣れた尾根に出た。トレースもたくさんある。ほっと一息つき地図を見る。やはり長峰で左折すべきところをまっすぐ滑り降りてしまったが故の誤りだった。慣れたルートだからと言って油断するとこういう羽目になる。早く気がついてよかった。
 15時に登山口に着く。帰路、おいらこの湯に入り、汗を流す。

1_20180405231130ae9.jpg

2_20180405231131588.jpg

3_20180405231133193.jpg

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【山に春が】へ
  • 【坂戸山(六日町)】へ