FC2ブログ

長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

番屋山(933.2m)

 
 ←三ノ峠山(469m) →守門岳(大岳)
(山行日) 2018年5月26日(日)
(メンバー) 会員1名、他1名
(コースタイム) 7:00自宅―――8:20吉ヶ平山荘p8:30p発――9:05~10雨生ケ池――10:25~11:15番屋山――12:00~20雨生ケ池――13:05p着―――14:30自宅

(番屋山は、守門岳の東にあり、昨年の晩秋に登ろうと思っていたが、降雪のために中止していた。)
吉ケ平山荘は改築され、一帯が広々とし、見違えるようになっていた。歩きはじめは車の通る道だが、鞍掛峠との分岐に建つ石塔から左の登山道を進む。やがて、ブナの原生林。そして、木々の緑と同じ色の水をたたえた雨生ケ池(まごいがいけ)。しばし静寂の池を眺める。魚もいる。
ブナの原生林の中をゆっくり登る。南側の杉林がなくなるころから、急登が始まる。ロープが続く。滑らないように慎重に急斜面を上がる。尾根に行くと少し緩やかになり、大谷ダムや道路も見える。ブナやナラの木立の尾根を行くとようやく山頂。
 山頂には雪田もあるが、粟が岳や光明山、振り返ると守門岳の雪の岩壁が眼前に広がる。しばらく眺める。木陰で食事。
下山は往路を滑らないように、休みながらゆっくりと歩いた。(周回するコースもあるが、よくわからないのでピストンした)

ブナの原生林に囲まれた雨生ケ池
ブナの原生林に囲まれた雨生ケ池

巨大なブナの並ぶ登山道
巨大なブナの並ぶ登山道

山頂から守門岳の岩壁を望む
山頂から守門岳の岩壁を望む



スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【三ノ峠山(469m)】へ
  • 【守門岳(大岳)】へ