FC2ブログ

長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

日光白根山(2578m)

 
 ←美ヶ原募集登山 →笙ヶ岳1635.3m
(山行日) 2018年8月4日(土)
(メンバー) 会員2名 他4名
(コースタイム) 
中之島見附IC5:30=沼田IC=R120号=菅沼キャンプ場・菅沼登山口発8:30(標高1,735m)~
10:15弥陀ヶ池(標高2,250m)~11:50日光白根山(標高2,578m)12:30~13:50五色沼(標高2,174m)~
14:25弥陀ヶ池(標高2,250m)~15:50菅沼登山口(標高1,735m)=シャレー丸沼(日帰り温泉)16:15=沼田IC=
中之島見附IC19:30

猛暑、酷暑の毎日だが、さすがは高地。快適な空気だ。駐車場からずっとシラビソとカバと思われる樹木の明るい林を歩く。足元も土が心地よい。やがて現れた弥陀ケ池は火山地らしく緑や青が深い色の水をたたえている。池のほとりではこれから頂上を目指すという千葉県からの中学1年生80名ほどが引率者の注意を聞いている所であった。休む予定を変えて、登り始める。岩石の多い砂地っぽい斜面が続く。石や草につかまりながら歩く。眼下には菅沼や弥陀ヶ池。上がるほどに燧ケ岳らしき山も目に入ってくる。頂上に着くと似たような頂があちらこちらと身近にありきょうだいが居並ぶようだ。思い思いにそれぞれの頂に休んでいる人たちがいた。北に燧ケ岳、東には絵葉書のような男体山と中禅寺湖。西側のなだらかな裾は赤城山からのものらしい。
 下山は五色沼を目指して弥陀ヶ池へと向かうコースだ。岩石の多い砂地を降り切ると土の歩きやすい地面になる。途中には避難小屋がある。その前で休んでいると、土田さんの「鹿だ、」の声が。山中の草丈のある林道を馬の茶色な脇腹が掠めて行ったように見えた。五色沼に着くとほっとした。なかなか、険しい山だ。畔の草地で横になり、手足を伸ばして休む。それから、弥陀ヶ池に向かい、さらに長い道のりを駐車場へと向かった。 
その他 日光から見ると、痛々しい白茶けた崩壊が進行中の山という印象だったが、行ってみたいとも思っていた山だったので行けてよかった。花もあり明るく地よい林、眺望の良さが嬉しい山であった。樹林帯もまだ土が浅いのか根が枝のように浮き出し、張り出してているのが痛々しかった。

image003_20180813204630cb0.jpg

image002_20180813204627083.jpg



スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【美ヶ原募集登山】へ
  • 【笙ヶ岳1635.3m】へ