FC2ブログ

長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

僧ヶ岳

 
 ←荒沢岳 赤石岳 聖岳(静岡県 南アルプス) →表銀座縦走
(山行日) 2018年8月19日(日)
(メンバー) 会員4名
(コースタイム) 長岡5:00 ==(朝日IC)==宇奈月温泉== 1280m登山口8:10
8:25  →  9:40~50   →  10:45~50 →  11:20
登山口    宇奈月尾根分岐     前僧ヶ岳     僧ヶ岳
14:15 ←  13:10~25   ←  12:30   ←  12:00
==(「フィール宇奈月」入浴 540円)== 長岡 20:10


宇奈月温泉駅近くから曲がりくねった長い林道に入る。道幅はあるが断崖である。標高1280mの登山口駐車場には、路駐も含め10数台の車がすでにあった。
登山道は整備されていて歩きやすい。ずっと尾根を登るのだが、小高い雑木が茂り展望はきかない。宇奈月尾根分岐まで来ると若者がトレラン姿で追い抜いていく。崩れた急登にはロープもある。少しずつ展望もあり富山湾を見下ろし、北アルプスの山並みが見え始める。足元にはアカモノの実やコウゾリナ、オヤマリンドウ、イワショウブなどもみられる。
やがて、前僧ヶ岳に来ると木々も低くなり、前方の僧ヶ岳や後立山連峰が開ける。すぐ下の「仏ヶ平」はお花畑で、コゴメグサやウメバチソウ、ハハコグサ、咲き終わったシモツケソウなどを眺めている人たちもいる。もう少しで山頂である。
山頂にはくつろいでいる人たちもいた。ぐるりと展望もよく、峰続きの駒ヶ岳、雪倉岳、杓子
岳、白馬鑓、鹿島槍などがよく見えた。白馬岳は旭岳と重なり同定できない。少しずつ雲が沸いてきた。涼風に汗を沈めて昼食。
下山は往路を滑らないように、転ばないように心して登山口を目指した。(長かった)が実感。
宇奈月スキー場上部に聳えている「平和の像」を見て、入浴できるところを探した。お陰で、ホテルの7階から宇奈月駅を見下ろしながら入浴した。
そして、「道の駅うなづき」に寄って帰路に着いた。

前僧が岳から僧が岳を望む(右が山頂)
前僧が岳から僧が岳を望む(右が山頂)

山頂でくつろぐ人たち
山頂でくつろぐ人たち

後立山連峰を望む
後立山連峰を望む
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【荒沢岳 赤石岳 聖岳(静岡県 南アルプス)】へ
  • 【表銀座縦走】へ