FC2ブログ

長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

朝日岳(2418m)

 
 ←金城山(1369m) →焼岳(上高地)
(山行日) 9月2日(日)~4日(火)
(メンバー) 会員1名  他2名
(コースタイム)
*9/2 長岡駅8:06=10:26糸魚川駅12:00=(バス)=13:35蓮華温泉(泊)
*9/3 蓮華温泉5:40-8:00白高地沢8:15-9:40花園三角点-12:15吹上のコル12:30-13:00朝日岳13:30-14:10朝日小屋(泊)
*9/4 朝日小屋5:30-6:40イブリ山6:50-7:40ブナ平五合目8:00-9:15北又小屋10:15=(タクシー)=11:10健康ランド・ラクチーノ12:30=泊駅12:47=15:49長岡駅

 第一日は蓮華温泉泊り。久しぶりの蓮華温泉仙気の湯に浸る。記憶よりぬるく、また白濁も薄く感じる。とにかく明日の急登のために英気を養う。
 第二日、朝食は弁当にしてもらい、5時40分に出発。30分前に、若い女性二人が同じく朝日平に向けて出発していった。朝日岳、五輪尾根を遠くに見つつ、うす曇りの中、兵馬の平に向かう。水のせせらぎが心地よい。木道は長雨のせいで水を吸って滑りやすい。細心の注意を払い、靴を下ろす。雪倉鉱山道を分けてから急な下りになる。兵馬の平から、さらに標高差200mを急降下して瀬戸川に出る。水量の多い渓谷にりっぱな鉄橋がかかっている。緩やかに登って白高地沢。広々とした、いくつかの沢の合流点で、ここにも立派な橋がかかっている。上流に目を転じると朝日岳そして青空が広がっている。ここまでほぼ予定通りの時間だ。先発した女性二人に会うかと思ったが、いない。五輪尾根登りを前にして一服する。
 五輪尾根は350mの標高をほぼまっすぐに登る。カモシカ坂と名がついている。日に照らされて暑いが黙々と登る。45分ほどで糸魚川方面が見える尾根に出る。いつの間にか森林限界を過ぎていた。花園三角点を過ぎると気持ちの良い草原状のルート、五輪高原だ。水場の水がうまい。あたりはチングルマの群落、花期を想像しながら登る。青緑色のザク道、通称青ザクを登る。南に雪倉と小蓮華。2000m付近からはトラバース状に登ってゆく。11:15八兵衛平手前の草地のベンチで一服。上空は湧き出してきたガスに覆われ、朝日も雪倉も見えない。
 チングルマ、イワイチョウの群落の道を緩やかに登り、八兵衛平、そしてひょいと吹上のコルに出る。一気に視界が開け、名前通り、風が谷から吹き上げてくる。富山湾が遠くに広がっている。栂海新道の標識そして長栂山がなぜか胸に迫る。
 吹上のコルも朝日に向かうルートも2度歩いているのに思い出せない。山頂も広々と開けた光景を想定していたが、どうも様子が違う。頭上に陽は出ているが、周囲はガスで展望はない。朝日を急降下する道はずいぶん掘られ、階段状だが歩きにくい。40分で朝日平、朝日小屋。客は我々のほかに白馬からの一人。細やかな心遣い、料理がうまい小屋。夕景の朝日、雲わく白馬。
 朝焼けの白馬に見送られ出発。イブリ山まで1時間10分。速すぎる。しかし、そのままの勢いで、イブリ山から急降下する。予定より2時間早い。北又小屋の電話でタクシーを呼ぶ。

白高地沢からの朝日岳
白高地沢からの朝日岳


ユキクラトウチクソウ
ユキクラトウチクソウ


朝日平からの白馬岳
朝日平からの白馬岳


夕日に染まる朝日岳
夕日に染まる朝日岳
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【金城山(1369m)】へ
  • 【焼岳(上高地)】へ