FC2ブログ

長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

徳網山(788m)

 
 ←焼岳(上高地) →越後駒ヶ岳(2003m)
(山行日) 10月15日(月)
(メンバー) 会員4名
(コースタイム)長岡6:00――(R113)――山形県小国町・樋倉登山口p8:45
登山口p9:00――山頂11:20~12:00――登山口p13:40――(入浴)―― 長岡19:00

<徳網山(とくあみやま)は山形の朝日山塊のはしっこにある小さな山です>

山形に入ると一面の霧で山容が全然見えない。登山口への標識もなく、しばし戸惑う。農道を走ってたどり着いた駐車場は数台止められる広さ。
 登り始めの杉林を過ぎると、ブナの尾根。登るにつれ、下界の霧もなくなり、上空の雲も弱く遠望できる。ユズリハやツバキの群生もあるが、ブナ林の尾根が続く。歩きやすい登山道。こぶが複雑に絡まるブナ、ねじれたり曲がったりしたブナの巨木。中に人が入れる空洞のあるナラの巨樹もある。高いところからツキヨダケがびっしり生えている枯れ木もある。所々に、台風のせいか大きな倒木。標高500m位から山頂が望まれる。
 稜線に上がると、やせた急登あり、ブナの根や岩もあり、慎重に登る。なかなかの山である。いくつかのピークを越えて着いた山頂は、360度の展望。正面に大朝日・西朝日を従えた朝日連峰、右手には飯豊連峰が遠望でき、振り返ると尖った光兎山、しばし眺めて昼食。
 下山は滑らないように気を付ける。仙台や東京から来たという男女に出会う。紅葉には少々早かったが、稜線や尾根のブナを眺めながら下山した。
(ナメコを4人分採ることもできた。)

小国町の「白い森交流センター・リフレ」で入浴して帰路に着く。

ブナの尾根道

ブナの尾根道

稜線のブナの道

稜線のブナの道

山頂から望む(朝日連峰と荒川源流)

山頂から望む(朝日連峰と荒川源流)

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【焼岳(上高地)】へ
  • 【越後駒ヶ岳(2003m)】へ