FC2ブログ

長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

西沢渓谷(約1300m)

 
 ←日向山(1660m) →西蒲三山 縦走
(山行日) 10月22日(月)
(メンバー) 会員1名
(コースタイム)
西沢渓谷入口7:50-「三重の滝」9:00-「七ツ釜五段ノ滝」9:45~10:00-「三重の滝」10:40-西沢渓谷入口11:25

西沢渓谷は雁坂峠の下、つまり甲武信ヶ岳の登山口にあり、笛吹川の上流にある奥秩父の秘境といわれる美しい渓谷である。
 歩きはじめは、車も通る道で途中にトイレもある。木漏れ日の指す木々の下をハイキング気分で歩く。
やがて狭い道になり、常に左下の谷川の音が大きい。「二俣つり橋」という橋の上から、日本晴れの青い空と川の流れと険しい鶏冠岳を眺め、ふぅっとため息が出る。途中、緑に覆われた広場に「西沢渓谷」という看板があり、小休止に丁度良いところだ。ちょっとした登りを越えると「三重の滝」。水はコバルトブルーで、大量の水が流れ落ちる。
 ここからが本当の西沢渓谷といわれる谷。岩場や大きな石を渡り、鎖に手をかけて進む。ストックは背に、滑らないように、つまずかないように心する。岩の間をきれいな水がゴーゴーと滑り落ちる滝。山の天辺から糸を引いたような滝。白い岩を滑り落ちる流れ。・・・立ち止まっては滝や流れに見とれ、眺めてはシャッターを切る。(期待感が高揚し、ついつい速足になり、コースタイム60分のところ45分で到着してしまう)
 最奥の「七ツ釜五段の滝」を見晴しのよい「方丈橋」から眺める。きれいだ、いいな・・・。
コースは、関係者の話では、この先を進んで迂回して安全な道を下山するのだそうだが、当初の予定通り、私一人ピストンする。登り優先だから、大勢の人とのすれ違いによけて、やり過ごしてから下る。
広い道にきて、「山に登り始めた」という若者とおしゃべりしながら駐車場に向かう。
行ってよかったなという以外、言いようがない。

岩場の道
岩場の道

豪快な滝
豪快な滝

清らかな滝
清らかな滝

七ツ釜五段の滝
七ツ釜五段の滝


スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【日向山(1660m)】へ
  • 【西蒲三山 縦走】へ