FC2ブログ

長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

戸倉山(975.5m)

 
 ←両神山(1723m) →金城山(1,369m)
(山行日) 2018年11月15日(木)
(メンバー) 会員7名
(コースタイム)
 長岡ICP 6:05=7:40糸魚川IC=8:25しろ池の森P8:40…9:10白池9:20…9:50角間池10:00…10:40戸倉山11:00…11:30角間池(昼食)12:00…12:25白池12:35…12:55しろ池の森P13:05=13:15塩の道温泉(入浴)14:10=フォッサマグナパーク=15:05糸魚川IC=米山SA=17:10長岡ICP

 前方に鉾ヶ岳を眺めながら北陸道を糸魚川に向う。この山がこんなにクッキリと見えるのは余り無い。糸魚川ICで降り、コンビニに寄る。駒ヶ岳と雨飾山が見える。シーサイドバレーを過ぎ、やがてしろ池の森駐車場に着いた。広い駐車場だが停まっていたのは1台のみ。平日のためか。目の前にこれから登る戸倉山、反対側には海谷三山、白くなった焼山も頭を出していた。
 車道は白池まで続くが車は入れない。帰りに車道を下ることとし、上りは遊歩道を歩く。30分で白池に到着。休憩所やトイレが有り、白池に映し出された“逆さ雨飾山”を見る。また、ここから眺める駒ヶ岳、鬼ヶ面山、鋸岳の海谷三山は迫力がある。
 白池から角間池までは、糸魚川と松本を結ぶかつての街道だった“塩の道”を歩く。塩の道であることを示す角柱が所々に。真っ直ぐに伸びたブナ林を見ながら落葉を踏みしめて30分程で角間池に到着した。
 ここから戸倉山の登りになるが、急な所は最後の30分位。登山道脇の倒木にヒラタケ、ムキタケ、ナメコが見られた。キノコ類は分からないが、ムキタケはヒラタケよりも高級らしい。また、登山道沿いにはイワウチワかイワカガミの葉が続く。どちらの葉だろうか。先端がへこみ気味なことからイワウチワとのこと。春にはイワウチワの花が多く咲くのだろう。登るにつれ、左側に雲が掛かっているが白くなった北アルプスの山並み、それに明星山が見えてきた。
 歩き始めてから丁度2時間で山頂に到着。大展望を期待していたのだが雲が広がってきて、海谷三山や雨飾山、それに先程まで全体が見えていた明星山までも山頂に雲が掛かっていた。北アルプスの稜線も見えるのだが雲が掛かっており山座同定できないが、雲の上に頭を出している一番高い山は雪倉岳とのこと(後で聞いた話)。
 暫くして糸魚川労山の人達が登ってきた。他には新井や遠く新潟からも。今日登った人は全部で22~23人位だろうか。下りは上ってきた道を戻り、白池からは車道を歩く。登りやすい手頃な山で、晩秋の山歩きを楽しめた。
帰り、リニューアルされたフォッサマグナパークに立ち寄り、日本列島形成後の地層を目で確かめる。

白池と海谷三山
白池と海谷三山


分岐点の標柱
分岐点の標柱


北アルプスを眺める
北アルプスを眺める

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【両神山(1723m)】へ
  • 【金城山(1,369m)】へ