FC2ブログ

長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

金峰山 瑞牆山(みずがきさん)

 
 ←三国山(1636.4m)、平標山(1983.7m) →番屋山(933..2m)
(山行日) 2018年11月2日(金)~11月3日(土)
(メンバー) 会員1名
(コースタイム)
11/2 みずがき山荘9:50-富士見平10:30-金峰山頂15:00-金峰山小屋15:45(泊) 11/3 小屋発 5:50-富士見平 8:30-みずがき山頂10:15-富士見平12:00-みずがき山荘12:40

早朝3:00起きで宮城のアパートを出発。東北自動車道-北関東自動車道-上信自動車道と一路みずがみ山荘を目指す。約6時間で登山口であるみずがき山荘に到着する。ここで山小屋の予約をする。日帰りも可能かもしれないと思ったが、かなり日が短くなってきたので山小屋泊選ぶ。結果としてはこれが正解だった。冬に向かう季節、思いのほか早く日が暮れる。この季節は特に気をつけなければいけない。富士見平までは紅葉を楽しむハイキングである。左手には明日登る予定の岩がむき出しの瑞がき山がくっきりと見える。山小屋周辺は都会に近いキャンプ場を感じさせる雰囲気のところである。稜線に出る手前に鷹見岩と言うのがあったので、寄り道して行ってみた。ここからは甲府盆地をはさんで南アルプスが望める(写真)。稜線(砂払いノ頭)にでると富士山が雲の中に上部だけ突き出ている。ここからは岩場の登りである。急に速度が落ちる。足は大丈夫なのだが、心拍数がかなり上がり高山病のように少しふらつく。朝が早かったのと、寄り道したので疲れたのか。山頂からくっきりと富士山が見える(写真)。後は山小屋まで15分程度下るだけである。金峰山小屋の夕食はチキンソテー & ワイン付き、朝食はお粥で美味しい。翌日は5時起き、6時前出発。霜がついた岩を滑らないように注意しながら下山。とど松は霧氷びっしりである(写真)。みずがみ平小屋に着くと、すでに週末キャンプの人でいっぱいである。ここからみずがみ山を目指す。大きな沢を渡ると、そこからは岩場の登りが続く。山頂からは八ヶ岳、南アルプスが前面に広がる。山頂の先は断崖絶壁である。岩にうつ伏せになって下をのぞく。来た道を下る。下から見上げるみずがみ山はまさに壁である(写真)。天気もよく、紅葉も楽しめた山行であった。

image007_20181203222349191.jpg

image005_20181203222348b95.jpg

image003_201812032223465e6.jpg

image001_2018120322234458e.jpg

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【三国山(1636.4m)、平標山(1983.7m)】へ
  • 【番屋山(933..2m)】へ