長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

念願の槍ヶ岳山頂に立つ

 
 ←涼しい風が下界の暑さを忘れさせてくれる →笠ヶ岳(2898m)
〔山  名〕 双六岳(2860m)~槍ヶ岳(3180m)
〔山行月日〕 2011年8月8日(月)~10日(水)
〔メンバー〕 上村  他3名
〔コース・タイム〕 ・8/8 新穂高温泉10:05→11:37わさび平小屋12:10→14:59シシウドヶ原→16:00鏡平山荘
・8/9 鏡平山荘5:42→8:09双六小屋8:29→9:10双六岳9:41→10:15双六小屋11:00→16:12槍ヶ岳山荘
 ・8/10 槍ヶ岳山荘6:00→6:38槍ヶ岳6:50→7:12槍ヶ岳山荘7:49→10:03槍平小屋→15:02新穂高温泉

8日はまだ天候は不安定で、わさび平で早くも雨にあたるが、直ぐに止む。秩父沢で激しい雨となり、雨の中の行動を覚悟するが直ぐに止む。3日間で雨に当たったのはこれだけ。ラッキーでした。鏡平は雲の中で、槍・穂高の展望は無く、翌日に期待。
9日朝は快晴。槍から穂高の稜線が綺麗だ。これから通る西鎌尾根も良く見えるが長い。果たして無事に着けるか不安。双六岳に着くと槍、穂高方面は雲が湧き見えなくなるが、黒部五郎、鷲羽岳、薬師岳はまだ見えて、こちらの景色も素晴らしく、いつかは歩いてみたい。
双六小屋から西鎌尾根に向かう頃には雲の中で視界が無いが、千丈乗越に着くと雲が流れ槍が姿を現す。何てタイミングが良いんだろう。残り300mを最後の力を出して、予定より遅れながらも小屋に到着。山頂往復は翌朝とする。
10日は風の音で目を覚ます。朝食を食べ日が登るにつれて、雲も流れて天気が回復し、山頂の往復をする。風がまだ強く、渋滞の中の待ちは手が凍える寒さ。山頂から富士山、南アルプスまで見え、素晴らしい景色を堪能。
初挑戦から20年で、ようやく祈願の山頂に立つことができた。

スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【涼しい風が下界の暑さを忘れさせてくれる】へ
  • 【笠ヶ岳(2898m)】へ