長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

国境の長いトンネルを越えて

 
 ←9月会山行の案内 →10月会山行の案内
〔行き先〕谷川岳(1963m)茂倉岳(1978m)縦走 (厳剛新道~山頂~茂倉新道)
〔山行月日〕 2011年9月10日(土曜日)日帰り
〔メンバー〕中村
〔コース・タイム〕 自宅(越路)4:20⇒越路IC~湯沢IC~5:45茂倉岳登山口駐車場~徒歩6:15土樽駅6;30⇒6:40土合駅(片道230円)⇒7:25マチガ沢7:30⇒9:10ラクダのコル9:20⇒11:05トマの耳⇒11:20オキの耳11:40⇒12:35一ノ倉岳12:50⇒13:07茂倉岳13:20⇒14:30矢場の頭⇒16:00茂倉岳登山口駐車場 湯沢IC~越路IC(ETC1000円)、自宅17:30着

 9月になっても残暑厳しく今になって夏バテしそうな今日この頃です。来週の頚城三山の焼山への足慣らしをする為に近距離の谷川岳を選びました。早朝の丁度良い時間にJR土樽駅からJR土合駅へ行ける電車に乗って群馬県側から湯沢方面へ縦走しました。このJRの清水トンネルは、大正11年に工事着手され、昭和6年9月に開通になったということですから、本年で80年を数えます。総延長9702m、電車ではわずか10分間ということですが、当初トンネル工事は手掘りの掘削ということで難工事であったそうです。このたびは土樽駅6時30分発、土合駅6時40分着から茂倉岳登山口へ戻ったのが午後4時、9時間以上の山行となりました。10年掛けて開通になった清水トンネルのまさに延長線上を歩くことができて大変充実できました。マチガ沢からの厳剛新道、ラクダのコルからの西黒尾根のガレ場の急登に水分をどれだけ補給したか2リットルの水も底をつきそうな勢いでした。特に県境から茂倉新道の下りは長く感じられて、このトンネルが完成したときの感激とまではいかないものの達成感を感じた1日となりました。

マチガ沢
マチガ沢 快晴の天候

オキの耳からトマの耳を見渡す
オキの耳で暫し休憩

ノゾキ
もうこれ以上覗けない!

振り向くと一ノ倉岳
振り向くと一ノ倉岳

ウメバチソウ
ウメバチソウ 茂倉新道にて

トマの耳登頂
トマの耳でポーズ

登山ルートマップ
今回のコース 画面クリックでアップ
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【9月会山行の案内】へ
  • 【10月会山行の案内】へ