長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
会山行

塩見岳(3052m)

 
 ←富士山とその周囲に湧き立つ雲が勇壮 →錦秋の越後駒ケ岳へ
〔山行月日〕 2011年10月8日(土)~10日(月)
〔メンバー〕 吉岡、丸山、川上、山田(記)
〔コース・タイム〕 *10/8 長岡ICP 15:40⇒19:50松川IC⇒21:30鳥倉林道ゲート(テント泊)
*10/9 鳥倉林道ゲート5:40→6:30登山口6:45→9:45三伏峠10:00→11:25本谷山11:45→13:25塩見小屋13:45→15:10塩見岳東峰15:25→16:25塩見小屋(泊)
*10/10 塩見小屋6:00→9:00三伏峠9:10→11:10登山口11:25→12:05鳥倉林道ゲート12:20⇒13:25まつかわ温泉15:10⇒松川IC⇒19:40長岡ICP

・鳥倉林道ゲート前の駐車場は50台程の車で満車状態。更に手前の道路脇にも多くの車の列。ゲート前に運良く空きがあった。旭川,青森,大阪,京都,滋賀,土浦など全国各地から。百名山の一つだからかな。
・登山口からの登り斜面のカラマツ林では全ての木に2m程の高さまで透明に近いビニールテープがぐるぐる巻きしてあった。シカによる食害防止と思われるが大変な作業だったと思う。
・Aさんの知り合いで小千谷の4人グループと三伏峠で一緒になる。塩見小屋に向かう途中でMさんとすれ違う。山頂からの展望は最高だったとのこと。今は雲一つ無い青空だが、我々が山頂に立つ頃まで保ってくれるか。また、塩見小屋で受付や世話をしてくれた人が長岡の人だった。
・三伏峠を越えた辺りから北部の山(仙丈,甲斐駒,白峰三山など)や南部の山(悪沢,赤石など)が見られるようになっていたが山頂から眺めるのがやはり良い。北部の山々、中央アルプスなどの展望が良い。11年前に北岳からここ塩見岳まで歩いた稜線もはっきり見渡せる。南部の方は雲が湧き上がってきていたが近くの蝙蝠岳や荒川三山ははっきりと眺められた。富士山も雲の中から三分の一程顔を出していた。
・塩見小屋の宿泊者は50名弱で満員状態。それでも1人に布団1枚が与えられた。夕食は5時から。寒いので6時には布団に入る。そして7時頃に消灯。翌朝は4時に明かりが付き4時半に朝食。外はまだ暗く、再度布団に潜り込む。
・三千メートル峰にも関わらずTさんは高山病らしき症状が出なかった。高い山では初めてのことだそうで、食欲も普通で気分も良く大満足の山行とのこと。天候も展望も良かったせいか爽やかで全員が至って快調。
・三伏峠から登山口に下る途中で自転車を両肩に乗せて登る2人連れとすれ違う。自転車で峠越えをするのが趣味とか。世の中にはいろんな人がいるものだ。
・入浴は松川IC近くのまつかわ温泉「清流苑」。

塩見小屋からの塩見岳西峰と天狗岳

・塩見小屋からの塩見岳西峰(左)と天狗岩(右)

塩見岳東峰からの荒川三山

・塩見岳東峰からの荒川三山(左が悪沢岳、右が中岳と前岳)

山伏山から塩見岳を振り返る

・三伏山から塩見岳を振り返る(遠方は白峰三山)
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   会山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【富士山とその周囲に湧き立つ雲が勇壮】へ
  • 【錦秋の越後駒ケ岳へ】へ