長岡勤労者山岳会へようこそ!

  「山行報告」
個人山行

北アルプスを思わせる布団菱の岩壁群

 
 ←11月会山行の案内 →12月会山行の案内
〔山  名〕 雨飾山(1963m)
〔山行月日〕 2011年10月29日(土)
〔メンバー〕 吉岡、川上ア、高坂、片桐、鳥羽、山田(記)   他1名
〔コース・タイム〕 長岡ICP 5:40⇒7:10糸魚川IC⇒8:10雨飾高原キャンプ場8:25→9:55荒菅沢10:05→11:30笹平11:40→12:15雨飾山12:55→13:30笹平→14:40荒菅沢14:45→16:20雨飾高原キャンプ場16:40⇒17:15道の駅 小谷18:40⇒19:10糸魚川IC⇒20:50長岡ICP

・雨飾高原キャンプ場の駐車場は既に満車状態。道路脇に止めてある車を含めて60台位。
・キャンプ場からは暫く平坦で木道が続く。道沿いの小川では4~5匹のイワナを見ることができた。
・紅葉はピークを過ぎていたが、真っ赤に染まったモミジが綺麗。また、鈴生りとなったナナカマドの赤い実も目立った。
・ブナの巨木が林立するブナ平で、三角錐に似た小さなブナの実が沢山落ちていた。割って食べてみる、結構いけるものと思った。
・荒菅沢から見上げる布団菱の岩壁群は、ここが北アルプスかと思わせる程。
・荒菅沢からの登りは急だったが、右側(東側)に金山、その背後には雪で少し白くなった焼山と火打山が、振り返れば高妻山や戸隠の山々がそれぞれ見渡せ、きつかったが気分良く登れた。
・笹平で火打~焼山~金山を縦走して来たという男性と会う。凄いと言うしかない。
・雨飾への最後の登り道には未だ溶けきらない氷片が所々に残っていた。早く登った人は注意が要ったことと思う。山頂からの眺めは最高だった。海谷三山(駒ヶ岳,鬼ヶ面山,鋸岳)が目の前に。栂海新道の山並み、白くなった後立山連峰、それに槍ヶ岳も見えた。
・花や紅葉の最盛期ではないにも関わらず、雨飾山は良い山である、登って良かったいう声が殆どだったが、天候に恵まれ気温も程良く、展望も良かったことが一番ではないかと思う。
・入浴は道の駅「小谷」の深山の湯、食事を条件に半額の300円で入ることができた。

荒菅沢付近から見上げる布団菱

荒菅沢付近から見上げる布団菱

笹平と雨飾山(右遠方は朝日岳)

笹平と雨飾山(右遠方は朝日岳)

笹平付近を歩く(前方は焼山と火打山、手前右は金山)

笹平付近を歩く(前方は焼山と火打山、手前右は金山)
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 【山行報告】
もくじ   3kaku_s_L.png   個人山行
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【11月会山行の案内】へ
  • 【12月会山行の案内】へ