長岡勤労者山岳会へようこそ!

私たち長岡勤労者山岳会は、新潟の長岡市に本拠地を置き、「安く、楽しく、安全な」をモットーに、ハイキング・縦走・雪山など幅広く山を楽しんでいる登山サークルです。アウトドア活動が好きな方なら、初心者でも、ご入会を歓迎いたします。

十勝岳

個人山行


TB(0) | CO(0) *Edit 

(山行日)2017年8月15日
(メンバー)会員1名
(コースタイム):6:00望岳台-9:10 十勝岳山頂-9:50-12:05 望岳台

登山口からは雲に覆われて全く山頂がよく見えない。北海道に来てまだ晴れが無い。それでも気を取り直して登山を開始する。非難小屋を越えて4合目辺りから雲が下がり、霧が晴れて北海道に来て初めての晴天である。噴煙の硫黄の匂いを嗅ぎながら火山灰で出来た急登を登る。登り切るとそこは平坦な散歩道である。右手は美瑛岳、左手は富良野岳、そして正面はこれから登る十勝岳(写真)

十勝岳001

のパノラマである。大きく削られた溝には氷河の様に残雪がある。正面の急登り、最後の尾根道を登ると山頂である。北は、美瑛岳、その先には大雪山系がくっきりと見える(写真)。

十勝岳003

南は、富良野岳である。眼下には雲海が広がり、そして両側に延びる縦走路、来てよかったと思える瞬間である。来た道をそのまま下る。多くの人が軽装で登ってくる。海外からの人も多い。半分程下るとまた山頂は雲に覆われる。途中キタキツネにあう(写真)。

十勝岳005

昨日宿泊したのは格安ゲストハウス、素泊まり2500円の格安である。オーナーはパンを焼き、喫茶店を営業している。まるで原田知世主演の“しあわせのパン”のようである。宿には、フランスからきた若いパリジェンヌも宿泊していて、観光地情報の交換などで楽しい時間を過ごす。5週間の夏休みを日本で過ごすとのことで、西欧諸国の豊かな人生の過ごし方を羨ましいと思う。

▲PageTop

 Comment List

雌阿寒岳

個人山行


TB(0) | CO(0) *Edit 

(山行日)2017年8月15日
(メンバー)会員1名
(コースタイム)6:20雌阿寒温泉登山口-8:50 雌阿寒岳山-9:10-11:50オンネトー-12:50 雌阿寒温泉登山口

登山口である雌阿寒温泉からは山頂は雲に覆われたままである。登山道はエゾ松の森林地帯(写真)

雌阿寒岳001

で快適なものである。五合目あたりから火山特有の砂利道に変わる。山頂は相変わらず霧に覆われている。休憩中のわずかな時間、火口の底が見えた(写真)。

雌阿寒岳003

砂利道を過ぎ、ハイ松を過ぎ、エゾ松の森林に入ると霧もなく、快適なハイキング気分である。昨年の台風の影響か、根っこそぎ倒れた松が多い。オンネトー湖から温泉登山口まではハイキングコースである。温泉で汗を流して、次の宿泊先の美瑛に向かう。

▲PageTop

 Comment List

斜里岳

個人山行


TB(0) | CO(0) *Edit 

(山行日)2017年8月14日
(メンバー)会員1名
(コースタイム)
5:40清岳荘登山口-9:40 斜里岳山頂10:00-13:30清岳荘登山口

登山口の清岳荘までは整備された林道である。羅臼岳と同じ感じの登山道と思ったら、1時間以上渡渉の連続で、久しぶりの沢登り気分で楽しい。分岐からは新道(尾根道)を選ぶ。急登で、かつ、泥んこ道、選択を誤ったかなと後悔する。登り切ると平坦な熊笹道である。だが、霧で視界が悪く、水滴でズボンが濡れて、布が足にまとわり付き冷たい。旧道(沢伝い)との分岐に到着する。下りの旧道はどうですかと旧道を来た人に聞いたら、沢道の下りは危険なので止めた方がよい言われ、帰りも泥んこ道を下ることを決める。ここからは涸沢登りである。尾根に出るとあとはなだらかな尾根道である。残念ながら霧雨で視界不良である(写真:山頂前)。
斜里岳001
斜里岳003

登頂した証拠写真を撮り、そそくさと下山開始する。上の分岐では迷わず新道(尾根)を選ぶ。下の分岐からは渡渉の連続で、数えたら16回である。雨で増水したときはかなり危険とのこと。

▲PageTop

 Comment List

羅臼岳

個人山行


TB(0) | CO(0) *Edit 

(山行日)2017年8月13日
(メンバー)会員1名
(コースタイム):5:20岩尾別温泉登山口-9:45 羅臼岳山頂10:00-13:30 岩尾別温泉登山口

朝5時に宿を出発、山頂は雲に覆われている。昨日は昼過ぎに知床に到着したので遊覧船観光をしたが、曇りで知床連峰が見えない。今年の北海道は例年にない天候不順の低温の様である。岩尾別温泉の登山口を5:20に出発する。森林地帯を進み、ほどなく林の切れ間からオホーツク海が見渡せる。尾根を登り切ると平坦な稜線になる。ここは極楽平、先に地獄が待っているのか。その先は沢伝いの急登、大沢である。上から吹き降ろす風と霧で夏山と思えない寒さである。山頂手前の分岐に差し掛かっても山頂が霧で全く見えず。最後の登りは完全な岩場、久しぶりの三点支持登山である。山頂では、太平洋から流れた気流が知床連山にぶつかり、それが雲となり雨を降らせて、その雲は山間の谷を下りオホーツク海に流れ込む様子が眼下に見渡せる(写真)。

羅臼岳001

知床連峰の先、硫黄岳のまたその先、遥か遠くに地小さな小島が見える。これは北方四島の最高峰の山とのこと。下りでは、天候回復していく山頂を眺めながら順調に下山する。下山後、知床五湖を散策する。湖面には知床連峰がきれいに映し出されている(写真)。

羅臼岳003

知床も世界遺産に登録されて、多くの人が入り昔と大きく変わった。新しく道の駅ができ、コンビニもでき、昔ながらのお土産屋は寂れてしまった。熊や鹿が道路脇まで現れ、そこに多くの車が止り記念撮影している。

▲PageTop

 Comment List

八幡平

個人山行


TB(0) | CO(0) *Edit 

(山行日)2017年8月11日
(メンバー)会員1名
(コースタイム)
9:00茶臼岳登山口-9:40 茶臼岳9:50-12:00八幡平山頂

いよいよ今日から7泊8日で北海道ツアーである。朝6時に宮城県古川)を出発し一路北に向かう。一日目は、夜に青森から函館にフェリーで渡るため、午前は足慣らしとして八幡平散策にした。高速道路から見える岩手山は雲の中である。八幡平に向かって高度を上げると、途中から霧が晴れて、雲は雲海となり、茶臼岳山頂からは岩手山がくっきり見える(写真)。

八幡平001

黒谷地湿原を越え、八幡沼の横を抜けで八幡沼の展望台である。少し霧がかった八幡平湿原(写真)は、緑が鮮やかである。

八幡平003

少し行くとそこは八幡平山頂である、そこには新たに展望台ができていた。いくつかの沼を抜けて少し下ると終点の山頂レストハウスである。


▲PageTop

 Comment List

««

Menu

お問い合わせ

下記のフォームから,お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

随時、会員募集中です! (会の紹介をご覧下さい)

四季の花時計